現在の治療に不満のある方へ治療相談
歯医者が苦手な方へ
妊娠中の方へ
スタッフ募集中
経験者 歯科衛生士募集中
新卒 歯科衛生士募集中

子どもの歯が気になる 小児歯科

子どもの歯を守るのは、お母さん・お父さんの役割

予防

虫歯の痛みや治療の恐怖、できればお子さんに経験させたくないですよね。お子さんに辛い思いをさせたくないと思われるなら、歯を虫歯から守ってあげる――「予防」が大切です。小さなお子さんは、まだ自分で自分の歯を守ることはできません。お母さん、お父さんが、日ごろからよくお口の中を見たり、きちんと仕上げみがきをしてあげたりすることが必要になるのです。

船橋法典駅近く、ヨークマート藤原店内の歯医者「みやもと歯科医院」の小児歯科にも力を入れ、親御さんと協力しながらお子さんの虫歯予防をサポートします。虫歯ができてからではなく、予防のためにお子さんを連れてきてあげてください


虫歯はお母さんやお父さんから感染します

感染症

虫歯が、人から人へ虫歯菌がうつることによって発症する「感染症」だということをご存じですか? 実は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌はいないのですが、お母さんやお父さんとの食事やスキンシップによって虫歯菌がうつり、虫歯が発症してしまうのです。

たとえば、おはしやスプーン、フォークなどを共用したり、愛情表現のキスをしたりすることも原因の一つ。多くの場合、歯の生えて、離乳食から普通食に変わる生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に多くの場合うつるといわれています。感染を防ぐには、食器を分けるなどするほか、身近な大人がきちんと歯科治療を受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことも大切です。


子どもを虫歯にさせないポイント

子どもを虫歯にさせないポイント

お子さんが虫歯になるのには、原因があります。こちらでは、子どもを虫歯にさせないポイントをご紹介します。

POINT 1:食事やおやつの回数と時間を決める

いつも何かを食べていると、お口の中には虫歯菌のエサになる糖分が常にある状態になります。そのため虫歯菌は活発に動き、虫歯ができやすくなるのです。食事やおやつの回数と時間は、しっかり決めて、ダラダラと食べさせないようにしましょう。

POINT 2:糖分は控えめに

子どもが大好きなおやつやジュースには、糖分がたくさん含まれています。糖分は虫歯菌のエサになるもの。甘いものはできるだけ控え、ノンシュガーやキシリトール入りのものなどを選ぶといいでしょう。

POINT 3:食後にはケア習慣を

食後には、お口の中に糖分をできるだけ残さないことが大切です。毎回歯みがきをするのが理想的ですが、それが無理なら口をゆすいだり、お茶やお水を飲ませるだけでも予防効果があります。


子どもの歯を守る処置メニュー

歯みがき指導

歯みがき指導

歯の健康を守るためにもっとも大切なのは、毎日の正しい歯みがきです。そこで、一人ひとりのお子さんの成長段階やお口の状態に合わせた正しい歯みがきの方法を指導しています。親御さんには、仕上げみがきのコツを覚えていただければと思います。


フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は歯質を強くする効果を持っており、歯の表面に塗布することで虫歯に強い歯にすることができます。また、フッ素には歯の再石灰化を促す力もあるため、ごく初期の虫歯なら、塗布によって治癒が期待できるケースもあります。


シーラント

シーラント

複雑で深い溝を持つ奥歯は、虫歯になりやすいという特徴があります。そこであらかじめ、レジン(歯科用プラスチック)で溝を埋めてしまい、虫歯を予防します。

子どもの歯科通いQ&A
ページトップへ戻る