現在の治療に不満のある方へ治療相談
歯医者が苦手な方へ
妊娠中の方へ
スタッフ募集中
経験者 歯科衛生士募集中
新卒 歯科衛生士募集中

虫歯・歯周病の予防の話

治療ではなく予防の時代~痛くなる前から通院を~

治療ではなく予防の時代

多くの方が、「歯医者は、痛くなったり悪い所ができたら行くところ」だと思われているのではないでしょうか。確かに、今までそれが歯科通院の当たり前の形とされてきました。

しかし、虫歯歯周病は一度かかると自然治癒することがなく、また治療によって歯を削れば二度と元どおりにすることはできません。さらにしっかりとした予防を行わなければ再発してしまい、再び歯を削る必要ができるという悪循環に陥って、歯を失うことにつながってしまいます。そこで今日、予防の大切さが見直され、「歯医者は、悪くなる前に行くところ」だと意識が変わりつつあるのです。

こちらでは、船橋法典駅近く、ヨークマート藤原店内の歯医者さん、みやもと歯科医院が予防歯科についてくわしくご紹介します。あなたも今から、予防習慣をはじめましょう。


海外と日本の予防意識の違い

日本では、近年ようやく広まりつつある予防意識ですが、歯科先進国である欧米では、かつてから高い予防意識が持たれてきました。
その違いは、年齢を重ねてからの残存歯数に顕著に表れています。

定期検診の習慣と残存歯数の関係

スウェーデン

スウェーデン

 定期検診の習慣がある人の割合 

90%

 80歳における平均残存歯数 

20本

アメリカ

アメリカ

 定期検診の習慣がある人の割合 

80%

 80歳における平均残存歯数 

17本

英国

英国

 定期検診の習慣がある人の割合 

70%

 80歳における平均残存歯数 

15本

日本

日本

 定期検診の習慣がある人の割合 

2%

 80歳における平均残存歯数 

8本

このデータを見ると、定期検診の習慣が歯の寿命に大きく関わっていることがわかります。そしてこれが、日本が「入れ歯大国」だといわれてしまう理由になっているのです。自分の歯をできるだけ長く保ちたいなら、悪くなる前の通院「定期検診」が重要なのです。


みやもと歯科医院の予防メニュー

定期検診

定期検診

虫歯や歯周病につながる兆候がないかなど、医師がお口の変化を定期的にチェックします。
期間は、患者さんのお口の状態に合わせて2~6ヶ月に1度の割合で設定し、ご案内します。


PMTC

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略であり、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使って、プラーク(歯垢)や歯石などのお口の汚れを徹底的に取り除く処置です。定期的に受けることで、虫歯・歯周病の予防に効果があります。またタバコのヤニや軽度の着色汚れ、口臭も除去され、お口がすっきりします。


TBI

TBI

Teeth Brushing Instructionの略であり、正しい歯みがき方法の指導のことを指します。予防の基本となる歯みがきを毎日正しく継続するために、歯科衛生士が一人ひとりに合った方法を指導します。しっかり覚えて、セルフケアを効果的に行いましょう。


フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くし、虫歯になりにくい歯をつくる効果を持っています。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯を予防します。乳歯や生え変わったばかりの永久歯に効果的ですが、歯の再石灰化を促す効果もあるため、大人の方にもおすすめです。


生活習慣の指導

生活習慣の指導

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、生活習慣に大きな影響を受けて発症します。食事や歯みがきのタイミング、喫煙の有無など、生活習慣を伺い問題がある場合には指導を行います。

ページトップへ戻る