現在の治療に不満のある方へ治療相談
歯医者が苦手な方へ
妊娠中の方へ
スタッフ募集中
経験者 歯科衛生士募集中
新卒 歯科衛生士募集中

歯がグラグラする

日本人の多くが悩む病気、歯周病

歯周病

お口の中のプラーク(歯垢)に棲みつく歯周病源菌が、歯を支える歯ぐきや顎の骨を徐々に溶かしていく病気、歯周病。悪化すれば歯は支えを失い、抜け落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。実は日本人の成人のうち約8割が、「歯周病にかかっている」または「予備軍である」といわれています。日本人が歯を失う原因の第1位にも挙げられており、世界で最も感染者が多い病気として「ギネス・ワールド・レコーズ」にも載っている病気です。

歯周病は虫歯と同じく、早期発見・早期治療が大切です。初期は自覚症状がないまま進行する特徴がありますので、一度、船橋法典駅近く、ヨークマート藤原店内の歯医者「みやもと歯科医院」までご相談ください。


歯周病の進行と症状、治療法

初期 歯肉炎

 進行段階 

初期 歯肉炎

 症状 

歯ぐきが赤く腫れ、歯みがきをすると出血します。

 治療法 

歯科医院で、プラークや歯石を取り除く専門的なクリーニングを行います。

中期 軽度歯周炎

 進行段階 

中期 軽度歯周炎

 症状 

歯ぐきがさらに腫れます。 
歯周ポケットの深さ:4mm以上程度(健康時:2mm程度

 治療法 

より丁寧にクリーニングを行い、歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を取り除きます。

後期 中等度歯周炎

 進行段階 

後期 中等度歯周炎

 症状 

歯のグラつきが大きくなり、硬い物が咬みにくくなります。 歯周ポケットの形成だけでなく歯を支える歯槽骨の吸収を認めます。

 治療法 

歯周ポケットの奥の歯根部分のプラークや歯石を取り除きます。
場合によっては歯ぐきを切開するケースもあります。

末期 重度歯周炎

 進行段階 

末期 重度歯周炎

 症状 

歯を支える歯槽骨が歯の根元まで吸収し、歯は大きくグラグラしてきます。最後には歯が自然に抜け落ちてしまう場合があります。

 治療法 

多くの場合は、抜歯せざる負えない状態です。この状態に進行させないように管理を行うことが歯周病治療の目的です。


歯周病はプラークコントロールが大切!

プラークコントロール

歯周病の治療・予防において、もっとも大切なのが「プラークコントロール」。
歯周病菌の棲みかとなるプラークをきちんと取り除いて、お口の中を清潔に保つことです。

プラークコントロールの基本は毎日の歯みがきですが、それに加えて歯科医院で専門的なクリーニングを受け、歯みがきだけでは残ってしまう汚れを徹底的に取り除くことが重要です。
「歯みがき=ホームケア」と「クリーニング=プロケア」の両方を欠かさずに、歯周病から大切な歯を守っていきましょう。

ページトップへ戻る