現在の治療に不満のある方へ治療相談
歯医者が苦手な方へ
妊娠中の方へ
スタッフ募集中
経験者 歯科衛生士募集中
新卒 歯科衛生士募集中

歯を失った際の選択肢

歯を失ったら放置しないでください ~入れ歯・ブリッジ・インプラント~

入れ歯・ブリッジ・インプラント

虫歯歯周病の悪化、また事故などによって、人は歯を失ってしまうことがあります。
そのとき、奥歯などは表から見えないために放置してしまう方がいらっしゃいますが、それはお口のためには良いことではありません。

なぜなら歯を失った部分に、隣り合う歯や咬み合う歯が倒れ込んできたり伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせを乱してしまうからです。歯を失ったら放置せず、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。

歯を失った場合の治療には、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの選択肢があります。
歯を失ったら、船橋法典駅近く、ヨークマート藤原店内の歯医者「みやもと歯科医院」までご相談ください。一人ひとりに合った治療で、咬む機能を回復させましょう。


入れ歯

入れ歯

入れ歯は、もっとも一般的な歯の機能を補う治療法です。
歯の本数に合わせて、部分入れ歯か総入れ歯を選択します。保険が適用できるものとできないものがあり、保険のものは部分入れ歯にバネがあるなど、見た目や装着感に劣りますが、自費のものであれば、快適な見た目やつかい心地を追求することができます。


自費診療の入れ歯と保険診療の入れ歯

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯

 素材・様式  

床の素材には金属やシリコンなどがあり、
様式もさまざまなものから選べる。

 使い心地 

比較的違和感の少ないものをつくることができる。
床に金属を使用すれば、食べ物の温度も伝わりやすい。

 見た目 

自然な見た目のものがつくれる。

 製作期間 

比較的時間がかかる。

 修理 

修理に長くかかったり、修理自体ができなかったりするものもある。

 費用 

すべて自費となるため、比較的高額になる。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

 素材・様式  

床はレジン(歯科用プラスチック)にかぎられ、
様式も決まっている。

 使い心地 

床が厚く装着に違和感があり、咬み心地に劣る。
食べ物の温度も伝わりにくい。

 見た目 

入れ歯だとわかりやすい。

 製作期間 

約1ヶ月で製作できる。

 修理 

修理しやすく、短期間でできる。

 費用 

保険が適用できるため、抑えられる。

ページトップへ戻る

当院の入れ歯の種類

レジン床義歯

レジン床義歯

床部分がレジンでつくられた、保険診療の入れ歯です。

床が厚いため装着に違和感があり、咬み心地や見た目なども劣りますが、費用が抑えられる点がメリットです。

金属床義歯

金属床義歯

床部分に金属を用いた入れ歯です。
床が薄くつくれるため軽く、違和感も軽減されるうえに、温度を伝えやすいため食事を楽しむことができます。金属は、チタンやコバルトクロムなどから選べます。

140,000円~(税抜)

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険診療の部分入れ歯にある、金属のバネ(クラスプ)を使わずに固定する入れ歯です。バネがないため目立ちにくく、歯ぐき部分にはピンク色のシリコンを用いているためフィット感にも優れています。

80,000円~(税抜)


ブリッジ

ブリッジ

1本~数本の歯が抜けてしまった場合に、両隣の歯を削って支台にし、連なった人工歯を橋(ブリッジ)のようにかけて、咬む機能を回復させる治療です。保険が適用できるものと、できないものが作る素材で変わります。
入れ歯の用に維持装置や歯肉を覆う義歯床の部分を必要としないので比較的目立ちにくいなどのメリットがありますが、健康な歯を削らなくてはならないといったデメリットもあります。

ページトップへ戻る

インプラント

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に、人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療です。外科手術が必要で、骨とインプラント体が直接結合する、オッセオインテグレーション(Os s eointegretion)により成り立つため、骨による支えがあるため、自然な咬み心地と美しい見た目が取り戻せますが、定期的なメンテナンスと、保険が利かないので、比較的費用が高額になりますが近年人気がある治療法です。


インプラント手術一式:380,000円~(税抜)


インプラント治療の流れ

STEP.1 カウンセリング

STEP.1 カウンセリング

まず、患者さんのお口のお悩みや治療に対するご要望、また持病の有無などについてお伺いします。そのうえで、インプラント治療の基本的な流れなどをご説明します。

STEP.2 各種検査

STEP.2 各種検査

インプラント治療は、重度の糖尿病などの大きな基礎疾患を患っている方、顎の骨が不足している方などは受けられないケースがあります。健康診断やレントゲン撮影などによる検査を行い、治療が可能かどうか判断します。

STEP.3 埋入手術

STEP.3 埋入手術

歯ぐきを切開して、顎の骨にインプラントを埋め込みます。手術には麻酔を用いますので、痛みはありません。

STEP.4 治癒期間

STEP.4 治癒期間

インプラントと顎の骨が結合するまで、治癒期間をおきます。

STEP.5 人工歯の装着

STEP.5 人工歯の装着

インプラントと顎の骨が結合したら、上部に人工歯を装着します。

STEP.6 メインテナンス

STEP.6 メインテナンス

インプラントを長持ちさせるには、定期的なメインテナンスが欠かせません。ご自分の歯と同じかそれ以上に丁寧に毎日の歯みがきを行い、歯科医院で定期的にメインテナンスを受け、よい状態を維持していきましょう。


~入れ歯・ブリッジ・インプラント それぞれの違い~

入れ歯・ブリッジ・インプラントには、メリット・デメリットがあります。それぞれの違いを比較してみましょう。

入れ歯

入れ歯

 メリット  

・費用を抑えられる

・健康な歯を削る必要がない

・治療期間が短い

 デメリット 

・見た目や使い心地に違和感がある

・固いものが食べにくい

・ズレると痛みが出る

・発音に支障が出る

・顎の骨がやせやすい

ブリッジ

ブリッジ

 メリット  

・入れ歯に比べると見た目が自然

・使い心地が自然

・治療期間が短い

 デメリット 

・健康な歯を削る必要がある

・食べ物がはさまりやすい

・顎の骨がやせやすい

インプラント

インプラント

 メリット  

・自然な見た目や使い心地が手に入る

・ズレたり外れたりしない

・健康な歯に負担をかけない

・顎の骨がやせるのを防ぐ

 デメリット 

・外科手術が必要

・治療費が高額になる

・治療期間が長い

・全身疾患重篤な場合など、適用できないケースがある

ページトップへ戻る